火星の月の下で

日記がわり。

思わずのけぞるGSOMIA破棄

まさかと思ったけど、半島が自らメ〇ラになることを決定してしまうとは。
一部では「ひょっとしたらやるんじゃないか」という予想もあったけど、さすがにそれはないだろう、と思ってた。
日本に影響があるとしたら、赤化勢力の軍事独裁国家のラインが対馬海峡まで下がってくる、という点くらい?
これからどうなるのか予想がつかないので、とりあえず「びっくりした」という感想だけ。

戦争にはならないでほしいけどなぁ。。。

2020年、はたして地獄は来るのか

小池百合子都知事「オリンピック時の電車の混雑についてはコストをかけずに工夫でどうにかしてほしい」
(p://hamusoku.com/archives/10100989.html)
まとめサイトをソース元として貼るのは少し気が引けるのだけど、大本がついったみたいなので。

どんどん悪い意味で期待が高まってくる東京五輪
はたしてどんな事故が、どんな災難が起こるのか、もっぱら関心がそっちにいってしまっている感もあるのだが、この期に及んで上層部では問題の大きさというか危険性を認識していないみたいなのが、なんか絶望的な気分にさせてくれるな。
スポーツイベント自体は嫌いじゃない、むしろ観客目線では楽しいことも多いのだが、今回のこの東京五輪の「無償ボランティアありき」の線で進めているのを見ると、「失敗すればいいのに」と思ってしまうのは仕方ないのではなかろうか。
メモってなかったのでどこの誰だったか、ちと書けないのだが、SNS
「単なる失敗ではなく、IOCを除名されるくらいの失敗になってほしい」というのがあった。
心情としては、よくわかる。
現実にはそのくらいの失敗っていうと、選手側から複数の競技で死者が出るレベルに加えて、暑さで狂った観客が暴動を起こすのが併発するレベルだろうから、もちろん歓迎すべきことではないし、さすがにそこまでの規模での死者、暴動にはならないと思うので夢想の範囲ではあるのだが。
でも、観客やボランティアに死者が出る、というのは現在のようすを見ればかなりありえるかなぁ、と感じているところ。
そして観客、ボランティアレベルでの死者なら、都知事を筆頭に決して責任はとらないだろうな、というところも含めて。

切創

朝、寝ぼけてふくらはぎに切創。
なんか本棚にぶつかったな、くらいの感覚で、起きて水を飲もうとしていたら、床に血がボタボタ。
ほとんど痛みもなかったので、なんでこんなに出血するのかちとわからなかった。
切創の痛みというより、本棚にぶつかった打撲の痛みの方が明らかに大きかったし。

出血そのものはすぐにとまったし、表面を切っただけだったようなので大事ないんだけど、ちょっとあたった程度で出血していたのを見ると、けっこう驚くね。

90年代前半のHPがまだ閲覧できる・・・

90年代初頭(正確な年月は忘れた)にドイツ語で作ったアニメ系HPがまだ閲覧できるみたいだ。
90年代末くらいまで更新してて、以後、20年以上放置してしまったのだが(原因はPW忘れてしまったこと)まだ閲覧ができるってのに驚き。
墺国大学の鯖で作ったものなので、アドレスを書くとわしの個人情報に近いのがだらだら出てきかねないためアドレスは書けないが、こうやって残っているところを見ると、民生以降すぐくらいに大学の中で作ったHPってしっかりと残ってるものなんだね。
このHPを作ったときはもう日本に帰国していてかなり経っていたのだが・・・どうやって作ったのか、かなり忘れてしまった。
確か欧州のアニメファンからの「日本の情報を流してほしい」みたいなのが最初だったような、ボンヤリとした記憶。

しかしこれくらい年月が経つと、もう自分のものっていうより、小学校のタイムカプセルみたいな感覚になってくるのう。

酷暑、一段落

とても「涼しくなった」とまでは言えないにしても、台風のおかげで酷暑がほんの少しやわらいだ。
うちの地域だと台風被害もほとんどなかったし、今晩、明日と少し降るみたいなので、数日は「普通の夏」になってくれそう。
ただ、七月頃に出た長期予報では、
八月に台風が来て少しやわらぐけど、そのあと強烈な残暑がくる。
・・・ということだったので、月末から9月にかけて、もう一回きついのがきそうであるな。

来年は、熱死者が出そうなオリムビックか。

武将、後醍醐天皇?

北畠顕家楠木正成新田義貞を抱えていたのに敗北した後醍醐帝って無能すぎるだろ」
(blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5519340.html)
この手の歴史スレで、久しぶりに笑みがこぼれる良いタイトル。
冷静に言うと、まず南北朝両者に動員兵力の差がかなりあったこと。
そして貴族政権側の武力と東国武士団の武力の「質の差」も既にその200年前に決着しててその差がうまらなかったこと。
このあたりの物理的なものがあるので、だれが指揮を執っても真正面からぶつかれば挽回不可能なくらいの差があったんだけど、付き従う武将の名前と知名度とかだけで見ると、なんとなく互角っぽい印象にはなるかも。
尊氏側には高兄弟と直義、後醍醐帝側だと、顕家、大楠公新田義貞
ま、ほかにもいるけど、有名どころだとこのあたり?
顔ぶれだけで判断すると、なんとなく南朝にも勝機があるような気がせんでもないかな。
でもなぁ、尊氏は武将だけど後醍醐帝は実戦指揮を執る武将じゃないでしょ。
対立図式として、帝vs尊氏、というのがあったとしても。
そういったことも含めて、面白い着眼点ですな、後醍醐天皇は軍人として無能やんけ、という観点は。
あと南朝側でいうなら、新田義貞こそが無能だったと思うぞ、一応鎌倉を攻め滅ぼした功労者ではあるけど。

美酒か霊液か

ホフマンのWinkler版『悪魔の霊液』を引っ張り出してきて、拾い読みしてるのだが、何度読んでも面白いね。
ホフマンの散文作品はだいたい以下の4つに分類される。
・二つの長編小説:『悪魔の霊液』『牡猫ムルの人生観』
・三つの中編小説:『ちびのツァッヘス』『ブラムビラ姫』『蚤の親方』
・四つの短編小説集:『カロ風幻想曲』『夜景集』『ゼラーピオン同盟』『最後の物語集』
・音楽論文。
これら以外にも音楽作品とかもあるけど、散文としては通例この四種。
幻想作家ホフマンとして取り上げられるのは、このうち短編集から拾われることが多いようなのだが、長編や三つの中編もなかなかに個性的で大好きなのだ。

で、今回、寝床に引っ張り出してきてつらつら拾い読みしているのだが、最近だと『悪魔の美酒』という訳題になることが多い。
原題は『Die Elixiere des Teufels』なので、イマ風にするなら『悪魔のエリクサー』でもよさそうなものなのだが、中身を読むと「美酒」が適当かな、という気もする。
邦題としては、「美酒」か「霊液」だったことが多いような気がするが、まだ統一的な形にはなっていないようだ。
個人的には「霊液」の訳題の方が好きだったんだけど。

初めて読んだのは40年以上前、ほとんど半世紀近い昔で、原書ではなく中野さんの訳によるものだった。
そのとき魅了されてしまい、当時まだ訳されていない他のいくつかを読みたくて船便で注文していたWinkler版の全集が届くや、すぐに読みふけっていた若いころを思い出す。
感想を書き出すと長くなるので控えるが、いつ読んでもひきこまれてしまうのは、やはりこの作品と波長があっているんだろう。