火星の月の下で

日記がわり。

ブレヒトのジャンヌ・ダルク三部作

ブレヒトジャンヌ・ダルク劇三部作を、制作順に読んでいくと、どんどん史的ジャンヌに近づいていくのが面白い。

・屠殺場の聖ヨハンナ(1930)
これは作中にジャンヌの独逸語名「ヨハンナ」が登場するだけで、ほとんど何の関係もない話。
謁見の場のパロディがあるくらいで、他は皆労働者と資本家の話。

シモーヌ・マシャールの幻覚(1942)
ナチスドイツの進撃の前に敗走を続けるフランスの片田舎の旅館で、少女シモーヌがジャンヌの夢を見る話。
作者の対ナチ感を前面に押し出すための小道具としてのジャンヌ・ダルクで『屠殺場』よりは題材に接近している。

ルーアンジャンヌ・ダルク裁判1431(1952)
そしてついに史的ジャンヌそのものに切り込んでいったのが、晩年のこの作品。
とはいっても共産主義作家であり、叙事的演劇論の提唱者であるブレヒトのことであるから、歴史的ジャンヌ・ダルク劇とはいいがたい。

ブレヒトの代表作というと『ムッター・クラーシェ(肝っ玉おっ母あ)』『ガリレオの生涯』がまず上がるだろうし、映画好きなら『三文オペラ』の方に指を折るだろう。
ジャンヌ劇としては、第一作である『屠殺場の聖ヨハンナ』はかなりよく上演される方だと思うけど、あとの二作はそれほど有名ではない。
もっとも日本語の「屠殺場」という表現にいろいろと問題があるらしく、最近は『食肉市場の聖ヨハンナ』とされるようだけど。

初期の2作を除いて、多くが共産主義演劇であるブレヒト劇はそれほど好きなわけではなく、面白みが微塵もなくただただ退屈なので、詩的センスはあんましねーなー、と思ってたりもするんだが、叙事的演劇が目の仇にした劇的演劇そのものみたいな素材である史的ジャンヌにどんどんひきこまれていってるようで、そのあたりは少し面白かったりする。
あと、かつて渡辺美佐子が紹介していたエピソード、
「ほんとうにブレヒトの作品を役に同化せずに演じているか」という質問に対して、ベルリーナー・アンサンブルの俳優たちの答えは、あいまいであった。
・・・というやつは実に興味深いもので、ブレヒトは一流の文学理論家ではあったけど、芸術的センスはなかったんだな、というのがなんとなくわかってくるとこでもある。

「イギリス陸軍がアメリカ独立記念日に『正しい紅茶の淹れ方』を紹介する動画を出したが、皮肉たっぷりの内容で「流石、ブリカス仕草」だと話題に」(togetter:1553845)
>「ティーバッグをお湯に入れます。港にではありません(おそらくボストン茶会事件の揶揄)」

ええな、これ。(笑)

女声CVの結婚

ここ最近、集中的にまとまって発表されることが増えたように思うが、気になるのはその年齢。
だいたい二十代前半から、CVによっては十代半ばくらいから聞いていたので「え、もうそんな歳に?」という感銘の方が深い。
M樹奈々さん40歳。
H澤香菜さん30歳。
いろいろ感無量じゃわい。

七夕

梅雨時なので例年のことだが、雨の七夕であった。
祭事は前日の夜にして、七夕そのものは七日の午前一時頃、らしいのだが、これってもちろん旧暦。
というわけでその頃はぐっすり眠っていたのだが、こういう風に日記に記録しておかないと、五節句なんてどんどん忘れていきそうだ。

文学賞と選者

とある文学賞で好評だった作品のレヴューが書肆系サイトにあがってて、その作品にかなり心惹かれたのだが、今回はその作品のことではないので、書名は書かない。
文学賞と一口に言っても応募形態はいろいろで、従来は本人が応募するものが主流というか大半だったのだが、最近はウェブ掲載しているものを賞サイドが引っ張ってきたり、表向きは応募でも実際は編集企業関係からの提出だったりと、方法としては広がっている。
実は自分も以前ネットにアップしてた作品を応募しようとしたことがあったのだが、その年度から選者が変わってしまってやる気をなくしてしまったことがあった。
つまり、尊敬する大好きな選者が急逝されて、大嫌いな作家が選者に入ってしまったからなのだ。(笑)

文学賞ってのはだいたい選者は公開されていたりするもので、歴史ある賞だと受賞者が大成して戻ってきて選者を務めることもある。
作家が多いのはもちろんとして、有名な文学研究者、編集者、文化人、学者などがその役を担い、ある種の色を持っていく。
ただ、応募しようなんて考えている連中は、だいたい天よりも高いプライドを持ってたりするので、その選者の名前で二の足を踏んでしまう人もいる。

誰かが選ばなくてはいけないし、極端に大衆向けの作品ならいざ知らず、多少なりとも文学系であればなんらかの作家が入ることは仕方ないし、むしろ入っていないと「この文学賞大丈夫か?」なんて思ってしまったりするものだ。
だが、その作家の名前が気に入らないと、応募者にとって不幸なことになる。
量を「書かないと上達しない」と言うのは真理であるが、同時に書いたものを投稿しないと、また進化しないものだ。
選び手が、自分が嫌いなヤツだったり、自分より格下だと思っていたり(天よりも高いプライドのなせるわざ)、ひどいときには年下ってだけで嫌になったりしてしまう。

そういうときは「視点の違いである」として、そのことを創作の基準の一つとして受け入れていければいいのだが。
それに、技術的な問題も、推敲に推敲を重ねていたつもりでも、出てくるわけなので、アマチュアとして純粋に自分のためだけに書いて死蔵(もちろんこれだって立派な創作だとは思うけど)してしまうのならともかく、作品のブラッシュアップの一つとして、投稿、応募は有益なことなのではないか、と最近考えている。
つまり昔の自分に「選者がイヤなヤツでも応募してみたらどうだ」と、老齢になった今、声をかけたい気分なのだ。

嫌いな作家に応募作を酷評されたらかなりの心理的ダメージを食らうだろうなぁ、というのは想像に難くないところではあるんだけどね。(笑)
しかしそういうことこそを技術の錬成と考えて、乗り越えていかなくちゃいかんよなぁ。

魔女は少女に非ず

『Lapis Re:LiGHTs』という新番組を視聴したのだが、キャラ作画が可愛いくて、画面もきれいななかなかの良作だった。
たぶん今期、よほどひどい崩壊とかがない限り。最後までちゃんと見ようと思っている。

ヴィジュアル面はすごく気に入ったのだけど、お話というか設定というかで、気になったことが一つ。
主人公の十代少女が超能力みたいな「魔法」が使えて、魔女養成女学院へやってきたのだ。
原語の「魔女」って、女性に限定されないし、そもそも高齢で醜い、というのが属性なのだ。
魔女の世界では、三十代、四十代で、若手のへっぽこ、駆け出しなのだ。
原語ともいうべき「Hexe」あるいは「hag」ってのは、醜悪な老婆、淫蕩な老女、というニュアンスが強くて(男の場合は自堕落な老人)、これが日本語に入ると真逆の意味になってしまうという不思議。
とはいえ英語の世界でも、本来外来語だった「witch」「magician」「sorceress」ってあたりも原義を離れて、かなり意味の拡大が起こっているから、まぁ仕方ないんだろうけどね。

くどいけど、アニメとしては、かなり好きな部類なので、ケチをつけようっていうのではない。
広く公開されているものだから、これくらいはつっこんでもいいかな、なんて思った次第なのだ。
CMの方なんだが「トップ魔女」と書いて「トップアイドル」と読ませていたあたりとか、もうひっくり返ってしまっただよ。

漫画の海外進出

「少年ジャンプが転機「漫画海外進出」の難しさ」
(ps://toyokeizai.net/articles/-/360154)
割りと知ってることばっかりではあったけど、編集側(制作側?)からの視点としてコンパクトにまとまっている。
ほんとはこういうのは、各種出版側からのいろんな証言を集めた書籍として読みたいところではあるのだが。